包茎手術で痛みを感じる瞬間とは

包茎手術を行う際には包皮を切断し縫い合わせると言う手術になるため、麻酔を行うことが一般的です。しかし手術の際に痛みを感じてしまったり、あるいは恐怖心から麻酔が効かないと言うことも実は非常に多いものです。

特に歯科医などで多くの人が経験しているように、注射で針を刺す瞬間などはその痛みを感じるものであり、これが記憶となって実際には痛みを感じているような状態になってしまうことも多いのです。

そのため、医師によっては皮膚表面に塗る麻酔薬で表面の感覚をなくし、その後針を注射することで痛みを感じさせない方法を行うことも少なくありません。また針は極細のものを使用しできるだけ痛みを感じないようにすることや、浸透圧に配慮したスピードを維持しながら適切に行うことで、効率的に持続させることができる場合もあります。

包茎手術の重要なポイントとして、上手で効果的な麻酔の方法があり、これは熟練した医師でないと実現できないものとなっています。

麻酔の方法と治療時間の違いとは

包茎手術を行う場合には、その部分だけに麻酔を行う局所麻酔が一般的です。しかしこの場合には部分的に麻酔を行っているために、途中で痛みを感じたり、もしくは聞き具合が悪いといったことにより診療を中断しその対応をしなければならないことも少なくありません。そのため一般的に診療時間は長くなってしまうことが多いものです。

これに対して患者に強い恐怖がある場合や、精神的に不安定な状態になる可能性がある場合などはマスク麻酔や静脈麻酔などを行い、患者が眠っている状態の間に手術を行うこともあります。この場合には痛みを感じない状態となっているため、この間に迅速に診療や手術を行うことになります。短時間で手術を完了することができる方法となっている反面、患者の意志を確認したりその状況を確認するといったことができないと言うリスクもあるのです。

包茎手術は短時間で行えば良いと言うものでは無い為、患者の体調や精神状態によって判断することが多くなっています。

まとめ

包茎手術を行う際の麻酔の方法は一般的には局所麻酔を使用し、できるだけ痛みを伴わないように処置することになります。しかし、この場合にはその様子を見ながら手術を行うために比較的時間がかかることが少なくありません。

マスク麻酔や静脈麻酔の場合には患者を眠らせて手術をするので、包茎手術を短時間で行う必要があり非常に難しいものとなっているのが実態です。また、治療中の状態を患者に確認することができないため、術後のトラブルを招きやすいと言う欠点もありその選択が非常に難しくなっています。