治療中に痛みを感じる心配はあるのか

男性器の悩みでは包茎があげられますが、こうした症状も治せないのではなく包茎手術で改善できます。包茎手術は切開を伴うものが多いので、治療中の痛みが心配という人も少なくありません。包茎手術の際には局所麻酔が行われますので包茎手術の最中に痛みが発生する心配はほとんどないといえるでしょう。

各クリニックでは痛みを抑えるための様々な工夫が行われています。そして、包茎手術が終わったあとは帰宅することになりますが、麻酔が切れてくると痛みを感じる可能性があります、そんな場合に備えてクリニックでは痛み止めの処方が行われています。

治療後にはある程度の痛みが出ることも考えられますので、まずはその痛み止めを飲んで対処してみましょう。薬を飲んでおさまるようならとりあえず安心できますし、薬を飲んでもおさまらないようでは別の対処方法も考えていく必要があります。痛みが強い場合は我慢せずに、早めにクリニックに連絡しましょう。

少しずつ改善することが一般的

包茎手術後の痛みは、少しずつ回復していきますので根気よくケアを続けていきましょう。お酒を飲む、激しい運動をするなどして安静に過ごさなかった場合はより回復に時間が掛かりますので注意が必要です。

包茎手術が成功であれば、その後は順調な回復が期待できますが、痛み止めを飲んでも改善されない、何日たっても痛いという場合は何等かの不具合が起きている可能性もあります。多くのクリニックでは手術前はもちろん、手術後の無料相談も用意されていますので、上手に活用していきましょう。来院が難しい場合は、電話やメールでの相談にも応じてもらうことができます。

治療後のアフターケアが間違っている場合は、それを正すことで改善が期待できます。正しいケアをしていても、痛みが強い場合は、一度診察を受けて、術後の経過を医師に確認してもらいます。

24時間対応のクリニックを選んでおくと、もしも不具合があった場合もすぐに相談できるので安心感があります。クリニックを選ぶ際は、アフターケアの良さも重視しておきたいところです。

まとめ

包茎手術の最中は麻酔が効いていますので、痛みを感じる心配はありません。麻酔が切れた場合は痛さを感じることもありますが、痛み止めの薬が処方されますので、まずはそれで抑えてみましょう。治療が成功していれば、少しずつ回復していきます。

改善が得られない場合は早めにクリニックに相談することがおすすめです。多くのクリニックでは、治療後も無料相談を用意していることが多くなっています。電話や来院で相談に応じてもらえますので、不具合を感じた場合は早めに相談し、改善策を見つけていきましょう。