男性は出産を経験する女性よりも痛みに弱いと言われています。実際に、ちょっとしたケガでも不安を感じたり痛がる男性も少なくありません。

男性にとって大きなコンプレックス・悩みとなる包茎を解消する「包茎手術」は男性のとてもデリケートな部分にメスを入れ、糸で縫合するといった外科的な手術を伴う施術法も多くあります。

男性器にメスを入れると聞くと「かなり痛みが強いのでは」と不安になり、包茎手術へのハードルがさらに高く感じる人も多いのではないでしょうか。
痛みに弱いと言われている男性でも、包茎手術を受けられるのかまとめてみました。

包茎手術中は麻酔が効いているので安心

包茎手術を行う際は痛みを軽減するために麻酔を行うので、メスで切開したち糸で縫う時に痛みを感じるということはありません。

手術中の痛みを心配する必要はほとんどありませんが、麻酔時には痛みを感じるリスクがあります。
包茎手術は麻酔薬を注射器で注入する、局所麻酔で行うケースが一般的です。

注射針を男性器に刺す時と、麻酔薬を皮下組織に注入されているときに痛みを感じやすいようです。
腕に打つ注射も痛いのに男性器に注射針を刺すと聞くと、それだけで痛みを感じる人もいるかもしれません。

痛みを軽減する工夫を行っているクリニックであれば、いきなり注射針を刺すようなことはなく、まずはテープやスプレー、ゼリーといったタイプの表面麻酔を行います。
表面に麻酔をかけることで針を刺すときの痛みを、軽減することが可能です。

また使用する注射針が細いものだと、刺したときの痛みはかなり抑えられるようです。
一般的に5か所ほど注射を打ちますが極細の針であれば、最初の1か所に注入する際にチクッとした痛みを感じる程度でしょう。

さらに麻酔薬を注入するスピードをコントロールすることで、痛みを抑えることができると言われています。

不安が大きい人は他の麻酔方法をプラスしよう

メスを入れるときや縫合するときの痛みは表面麻酔と局所麻酔で、かなり軽減できることが分かっていても包茎手術自体に、かなり大きな不安があり恐怖心がぬぐえないという人もいるかもしれません。

男性器にメスを入れることになる包茎手術、不安や恐怖心を感じるのは当たり前です。
手術中に麻酔が切れてしまい痛みが出てしまうのではないか、意識がある中で手術を受けるのは怖いと感じる場合は、他の麻酔方法をプラスすることをおすすめします。

包茎手術を専門に行っているクリニックでは、不安や恐怖心が強い患者さんに対して「マスク麻酔」や「静脈麻酔」といった方法を提案しています。

マスク麻酔は専用のマスクを顔に当てて、呼吸と共に麻酔ガスを体内に送り込むという方法です。
普通に息をしているだけで眠ってしまい、眠っている間に包茎手術は終了します。

静脈麻酔は点滴で麻酔薬を注入するという方法で、同じく意識が無くなり寝ている間に包茎手術を終わらせることができます。

このように寝ている間に終わる方法であれば、包茎手術中の痛みはもちろん不安や恐怖心なども感じることは無いので、痛みが苦てで精神的な不安が大きいという人も安心です。

包茎手術後の痛みも知っておくとさらに安心

包茎手術を受けるにあたり手術中の痛みだけでなく、術後にどのくらいの痛みが出るのか不安に感じる人も多いのではないでしょうか。

包茎手術後は個人差はあるもの、約1時間から3時間ほどすると徐々に麻酔の効果が切れてきます。
このくらいの時間が経つ頃になると、やはり個人差はありますがジンジンとした鈍痛のような痛みを感じる人が多いようです。

ただ、このような痛みが出てしまった場合でもクリニックで処方された鎮痛剤を服用すれば、日常生活を問題なくおくれるまで痛みを軽減することが可能です。

クリニックによっては傷口部分に特殊なテープを張り、傷口が動かないようにすることで痛みを抑えるという工夫も行っています。

一般的には鎮痛剤を服用することで痛みはコントロールできるのですが、包茎手術後の痛みへの不安が強いという患者さんの場合は、ゼリー状の局所麻酔を処方するクリニックもあるようです。

敏感な亀頭部に塗ることで痛みはかなり抑えられます。
包茎手術後は下着でこすれてしまうなどすると、違和感や刺激などを感じてしまうかもしれません。
ですが、鎮痛剤でコントロールできることや場合によっては局所麻酔も処方してくれるクリニックがあることも事前に分かっていれば、手術への不安や恐怖心も少し軽減されるのではないでしょうか。

まとめ

手術はどのようなものであっても、痛くないかと不安になるものです。それが男性器に施術を行う包茎手術となると、なおさら強い不安や恐怖心を感じるでしょう。

メスを入れるときや縫合するときに痛みが出ないか、術後にはどんな状態になってしまうのかなど包茎手術における不安は様々です。
痛みは表面麻酔と局所麻酔で抑えられるので、心配する必要はありません。
恐怖心が強い人であればマスク麻酔や、静脈麻酔をプラスするという方法もあります。

術後も鎮痛剤を服用すれば、痛さなどをコントロールすることができる人が大半ですので、さほど不安に感じる必要は無いでしょう。